心の底から笑顔になる弁護士相談。各種損害賠償から相続、離婚など解決!

債務整理や過払請求から離婚問題まで依頼主の心からの笑顔のために、弁護士は日々奮闘しています。依頼内容は多種多様ですが、法のプロだからこそ、できる決断があります。

依頼主の心からの笑顔のために

弁護士の相談業務の内容は、多岐に渡ります。

法が絡むものであれば、ほぼ何にでもトラブルとなる可能性があります。
そういった場合は、弁護士に依頼し早期のうちに解決することをお勧めします。

よくあるのが借金問題(債務整理、過払い、自己破産、任意整理)、離婚問題、交通事故などです。

過払い請求と取引記録の開示請求について

過払い請求をするためには、利息制限法に従い、返済日、金額等の取引記録の情報を入手する必要があります。この記録を入手するには、任意に情報開示を求めることも考えられますが、貸金業法19条の2に基づく開示請求をすることが確実であるといえます。

開示請求書には、開示を求める文書及び開示を求める理由を記載するとともに、附属書類として印鑑証明か免許証、健康保険証、年金手帳のコピー等を用意する必要があります。また、仮に取引記録が一部しか開示されなかった場合には、監督官庁に行政指導をしてもらうよう要請することが考えられます。

過払い金の相談は弁護士へ

2006年に貸金業法が改正されるまでは、グレーゾーン金利というものが存在していました。本来は利息制限法で金利の上限は定められていたのですが、出資制限法というものがありこの法律の上限金利を超えない限りは利息制限法の上限以上の貸し付けの場合でも刑事罰が課せられなかったのです。

ですが、貸金業法の改正で出資法の上限金利が利息制限法と同等に引き下げられグレーゾーン金利はなくなりました。現在はグレーゾーン金利で借入れをして、払いすぎていたお金は過払い金として貸金業者に請求ができるようになっています。大阪にお住まいでお心当たりのある方は一度弁護士に相談してみてください。

過払い請求をするなら

弁護士でお探しなら、過払い金ナビ

大阪、神戸、京都駅前に事務所があるのでお気軽にお立ち寄りください。過払い請求で少しでもの借金を減らしたいとお考えならご連絡ください。

司法書士でお探しなら、過払いに強いそとやま司法書士事務所。大阪市南森町

弁護士の債務整理等についての解任について

過払いというのは、本来払わなくてもいい金利等を余分に払っていた場合をいう。 過払いにおいては、返還請求を当然にするとこができる。 しかし、この請求権も債権なので消滅時効が、一定期間内に請求しないといけない。 権利に胡坐をかくものは救わないというのが法律の趣旨です。 自分で返還請求してもいいです。

しかし、法律がからんでくるとややこしいので、専門家である弁護士に依頼するというのもあります。 特に、債務が複数であり、債務整理が必要な案件では、非常に複雑な事案になります。 その場合には、弁護士に頼んだ方が早いです。 その場合には、弁護士に委任するのは、完全に本人の自由です。

また、私的代理人を解任するのはあなたの自由です。 合う合わないがあります。 費用等についての扱いは相談しましょう。 費用を払うと解任するかは別問題です。

モラハラ離婚の原因となる旦那の傾向

モラハラ離婚という言葉が使われるようになったのは比較的最近ですが、古今東西を問わず存在していました。心の安らぎ場である家庭が、苦しみの場となるのは本当に辛いことです。

ではモラハラ離婚の引き金となる旦那にはどのような傾向があるでしょうか。怒りやすく、感情をコントロールすることが苦手であることが特徴です。自己中心的で責任転嫁をする傾向が見られます。

相手を見下すような態度でコミュニケーションをとります。こうした人格が形成される背景には、家庭環境が大きく関係しています。同じような親に育てられたことで、そうなってしまうようです。

交通事故慰謝料はどれだけ増額できるのか

交通事故慰謝料について、弁護士に相談をしたらどれだけ増額できるのかは、ケースバイケースです。場合によっては2倍、3倍にまで増額できることもあるようです。弁護士費用を差し引いても、大きなメリットがあります。

交通事故慰謝料は、賠償金の金額が大きいときほど、任意保険基準と裁判所基準の差が大きくなるようです。保険会社が提示した金額が30万円なら、2倍になっても60万円ですが、200万円なら、2倍にしたら400万円なので、大きな差が出ています。もちろん、ケースバイケースなので一概には言えませんが、少しでも納得がいかなかったら無料相談だけでも受けてみましょう。

早めの交通事故弁護士への相談で有利に示談

交通事故の被害者になってしまったら、示談交渉で損をしないために交通事故弁護士に相談をして交渉に関するアドバイスをもらったり示談の代理人になってもらうのが安心です。

交通事故弁護士に依頼するタイミングについては、多くの場合示談交渉がこじれてから相談に訪れています。しかし、加害者側の保険開始のペースに巻き込まれてしまわないためには、できるだけ早く、交通事故が起こった直後にサポートを依頼しておくのが一番です。早めに交通事故弁護士に味方になってもらっておくことで、賠償金額を決定するのにベースともなる過失割合の決定についてもアドバイスがもらえます。

相続手続きの期限を調べよう

相続手続きを行うためには、あらかじめ定められた期限をしっかりと守ることが欠かせないポイントとして挙げられます。 近年では、顧客サービスの良い法律事務所に手続きを一括しようとする消費者が増えてきており、様々なリスクに備えて、優秀な法律家にサポートを依頼することが肝心です。

また、相続手続きを完了できるまでの期間の長さについては、素人が冷静に判断をすることが難しいケースがあります。 そこで、隙間時間を使いながら、同じような悩みを持つ人からアドバイスを受けることで、常に安心して行動をすることが可能となります。

遺言書作成を行政書士に任せよう

遺言書作成のサポートが優れている行政書士の事務所は、ここ数年のうちに徐々に増えてきています。 特に、役所での手続きをスムーズに行う上で、行政書士などの専門的な資格を有するスタッフに継続的に相談をすることによって、様々なメリットを実感することが可能となります。

また、遺言書作成の効力の良しあしに関しては、冷静に判断をすることが難しいことがありますが、各分野の専門家から助言を受けることがポイントです。 その他、遺言書作成の費用の支払い額の相場をチェックすることで、経済的な負担を最小限に抑えることができます。

笑顔になれる弁護士相談

交通事故相談

遺言書作成・相続手続き

モラハラ離婚・浮気離婚慰謝料